【ハバティ/ハヴァティチーズ】北欧デンマークを代表するリッチな味わい

今回スーパーで安くなっていたエンボルゲ社のハヴァティチーズスライスの特徴や美味しい食べ方などご紹介します!

目次

チーズ:ハヴァティの特徴

チーズの名前ハヴァティ(Havarti) / ハバティ
チーズの分類セミハードタイプ
原料乳牛乳
産地デンマーク

このチーズはデンマークで最も古いチーズといわれているチーズで、スイスのティルジット(またはティルジッター)というチーズをまねたチーズです。

ハヴァティチーズには細かな穴がポコポコと開いていて、日本で売られている馴染み深いプロセスチーズに似た味が特徴です。
今回の「エンボルゲ ハバティチーズスライス」はそのチーズを薄くスライスして、1枚20グラム前後、合計150グラム入っています。

ハヴァティに空いている小さな穴は、製造時にチーズの元である「カード」というミルクの塊をさいころ状に細かくカットします。
そのさいころ状のカードを型に流し込み、自重で水分が抜け隙間ができ、穴が開くんです。

トムとジェリーで有名なチーズはエメンタールというチーズですが、あのチーズも穴が開いています。
エメンタールは、発行時に生じるガスで穴が開くんですよー!

また、日本人にはとっつきやすいプロセスチーズの味に近く、ナチュラルチーズながらも食べやすいと感じる方がほとんどだと思います。

パッケージに書いてある55+ってなに?

ハバティチーズにも数種類あるようで、
55+は固形分中脂肪分が55%~60%ということを表しています。

60+になると、高脂肪分になり、クリームハヴァティと呼ばれます。

MARI

白カビタイプのダブルクリーム・トリプルクリームのような感じでしょうか?

固形分中脂肪分って??
チーズから水分を抜いた固形物に対する、脂肪分量で表しています。

チーズ:ハヴァティを食べてみての感想

薄く切られていて取り出しにくいのかな?と思ったらチーズ1枚1枚の間に紙が挟まれていて、パッケージから取り出しやすいです!
生ハムとかは取り出しにくくて難儀しますよねー…助かります。

チーズ自体はセミハードチーズなので乾燥して硬いと思いきや、しっとりとしなやかでした。
また香りも高く、プロセスチーズにはないとにかく甘い香りが目立って食欲が湧きますね!
今まで食べてきた近い香りはー…同じデンマークのスキクイーンの香りにとても近いです。

口に入れてみると、香りの通り、甘さが際立っていてミルクの風味が強くプロセスチーズに似た味です。

とにかく食べやすくて甘いなぁ!という印象です。

このチーズが苦手な方はいないくらいなんじゃないかな?と思いました。

ハヴァティの美味しい食べ方

プロセスチーズに似た味なので、そのまま食べるより、料理に添えたほうがおいしいと思います!

日常でとろけるチーズなどの溶けるチーズを食べたことある方はほとんどだと思います。
そのとろけるチーズと同じような使い方でぜひ食べてみてください!

ハンバーグの上に乗せたり、サンドイッチに挟んだり、鮭の上に乗せてオーブンで焼いたり・・・
利用法は無限大だと思います。

やっぱり熱を加えると、ハヴァティがとろけて食材と絡んでくれるのがいいですよね!

KEN

ぜひいろいろな食べ方を試してみて下さい

ハヴァティを食べるなら…

ブログ記事と同じものであればこちら!

神田のちーず屋さん
¥540 (2022/01/04 20:34時点 | 楽天市場調べ)

他メーカーもいくつか出ています。
中でもコストコでは大容量で購入できるので人気ですね。

今回購入したお店

近所のスーパーで購入しました。

結構販売があるようで、インターネット通販や高級志向のスーパーでも多く取り扱いがあります。

エンボルグ社以外のハヴァティチーズも多く販売されているので、Havartiと書いてあるものを買って味の違いを試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる